今年もやってまいりました。毎年恒例、綴れ織り折り総括blog。昨年は気づけば大晦日で(笑)、
大慌てで書いたのを覚えています。 そのときの記事はこちら⇒下和田ヒロキ2014

皆さんにとって2015年はどんな年でしたか。

2015年の私は30代ラストイヤーということで『三十代でのやり残しがないよう隅々まで』味わい尽くした、
大変グルメな年だったと思います。腹の底から、心の底から、ご馳走さまでした!そんな一年でした。

さすがに今年はどれだけ濃縮してもひとつの記事にするには長篇すぎるので、全4回に分割しますね。

さて、今年も手元にスケジュール帳(今年からipad miniですよ)を置いて、ジっくり、然りとてザっくり
『下和田ヒロキ2015』を確認してみたいと思います。覚えてること、忘れられないこと、色々ありました。
仕事関連中心に特に印象的なことを書き出していきますので、今年もやっぱり「私の好きなアレが無い!」
なんてことがあるかもしれませんが、そこの所はどうかどうかご容赦下さい。

「また下田ヒロシとハッピーターンズが無いじゃない!」

あ、そりゃ、ないよ!そもそも今年は諸事情により活動休止だったらしいよ?それにほら、私じゃ…ない、し


【1月】
本年は、私の芸能人生の大一番とさせて頂く所存です。  こんな宣言から始まった激動の2015年。
 新年早々、私としては一世一代!?千載一隅!!の機会を頂き、音楽CDレーベル"art sonic"からの
 全国流通盤リリースが決定。当時の記事はこちら⇒【下和田ヒロキ×art sonic 始動!】
 このリリースに併せて、ぜひファンの皆さんと力を合わせて最大限に盛り立てていけたら!!と、
 これも最初で最後の決起集会を敢行。当時皆さんへかなりシビアでリアルな告白をさせて頂いたと
 思いますが、今こうして柔らかく暖かな気持ちで振り返ることが出来る私は本当に幸せもんです。
 この一年、下和田ヒロキ×art sonicでの活動への熱いご声援、本当にありがとうございました!

・音響監督を務めたBLシチュエーションドラマCD「黒薔薇の館」シリーズのリリースもスタート。
 ダミヘ収録作品を録音演出するのは初めてでしたが、前年に他社さん製品でダミヘCDの音響制作を
 経験したことに助けられました。それに、何といっても花梨の園江さんからのお声がけでしたから。
 本編収録後のスタジオで、いろ〜んなSEをふたりしてあーでもないなこーでもないやと、
 ダミーヘッドマイクの周りをウロウロしながら録音したのも楽しい思い出です。
 園江さんが何処からともなく物凄くゴツい鎖を引きずってきた時は、一寸びっくりしましたが。
 録れた音はジャラジャラというか…ガラガラ? 迫力の重量感で、あのシーン!を彩りました。
   

【2月】
・art sonicを擁する制作会社noix(ノワ)主催のイベント「double dare(ダブルディア)」へ初参加。
 このイベントは男性二人組みユニット限定!という企画趣旨があるので、当初は新たに
 即席ユニットを結成か、キーボードの隣に人形置いて二人組みを装う(反則)か、川原慶久君との
 まぼろしユニット、“ブリキおじさん”を再結成か?なんてことも結構本気で考えました(笑)。
 実際には、参加された皆さんご存知の通り、『7年ぶり、一夜限り』…のつもりで、
 MiYAMOとのユニット”秘科学少年”を再生いたしました!ご好評を戴いた我々はその後の
 ダブルディアシリーズにも続けて参加。思いがけず、秘科学少年として年間通してステージへ
 上がる機会に恵まれた一年でもありました。そうそう、ライブの物販では初めてブロマイドまで
 出させて頂きました。・・・お求め頂いた方、大丈夫?ちゃんと魔除けになってます?↓↓↓

 
  

art sonicよりシングル「咆哮ゴールデンタイム」をリリース。たくさんの皆さんから各店舗や
 ウェブショップへのお問い合わせ、ご予約を頂きました。ヒカガクレコードからの直販とは違った
 緊張感と高揚感がありました。声優として活動している下和田ヒロキの音楽作品が、声優として
 アニメショップの棚へ置いて頂けるという、理屈から謂えばその通りな事も、自分には不慣れで
 フワフワした感覚。こっそりいくつかのお店に実際に見に行ったりして「おお!本当に売ってる」
 なんてこともやってしまいました。ファンの方々が求めて下さっていた形に少しは近づけたのかな。
 なんだかんだ、やっぱり嬉しかった。 

・約八年に渡ってお世話になった前事務所81プロデュースを退所したのもこの月。
 気を引き締めた39年目の早春です。

【3月】
武蔵野大学の卒業制作へナレーターとして協力いたしました。一生涯学習、噛み締めました!
 実はこれ、退所後の初仕事でした。

禁断極上ボイス★vol.1 幼馴染からステップアップキス〜カレの部屋で幼馴染と……    
 フリーランスでの活動中、色々な仕事を頂きました。実は…上記作品もフリーの時期にご依頼が
 あり出演致しました(公開は9月)。何を隠そうこの音源は録音演出も私自身が手掛けてまして、
 地味に史上初?だったり、しませんかね(笑)。演者が自身の出演するシチュエーションドラマを
 セルフで監督するのって。非常に勉強になりましたし、この動画、物凄い再生数!感謝感激です。
 
・ラジオ「下和田ヒロキの Qの夜」が配信開始。アシスタントの起用、リスナー参加コーナー多数、
 ジングルもオリジナルのものを制作。旧き良きAMノリで、メール出す派も、聴くだけ派も、
 何方でも気楽にお楽しみ頂ける番組を目指しました。常々改良と調整を続けてきた番組で、中でも
 番組発のシチュエーションCDを作ろう!という目標を掲げていたコーナー「しちゅらぼ」では
 ダミーヘッドマイクを導入したり、アシスタントの垣坂翔太(しょーた)と近藤舞(コンちゃん)が
 リスナーのご要望、妄想を見事に具現化(時々、超変化…笑)したシナリオを収録直前に執筆、
 それをその場で下和田が演じる等、我々も毎回精一杯汗をかき目一杯楽しみながらの収録でした。

                                          つづく

☆次回は、“4月〜6月”を振り返ってみようと思います。




 【下和田ヒロキ最新情報】new!!
・下和田ヒロキ立食ファンミーティング「ぼくらの新年会」(※全席自由)
 開催日/2016年1月30日(土)
 公演時間/15時00分〜17時30分 ☆30分前開場
 出演/下和田ヒロキ、垣坂翔太、近藤舞
 参加券(¥4,500/軽食つき)のお求めはこちらから⇒ヒカガク通販

・秘科学少年×下和田ヒロキ「40's believer」(※全席指定)
 開催日/2016年1月30日(土)
 公演時間/18時30分〜20時30分 ☆30分前開場
 出演/下和田ヒロキ、秘科学少年(MiYAMO+下和田ヒロキ)
 鑑賞券(¥4,500)のお求めはこちらから⇒ヒカガク通販

・映画「ビジネス・ウォーズ (完全無修正版)」マイク・パンケーキ役(デイヴ・フランコ)の
 日本語吹き替えで出演しております  現在、AmazonビデオやGyaoなどで好評デジタル配信中!

・CSディズニージュニア 12月13日(日)午前11時〜放映
 長篇アニメーション「トゥートとパドル クリスマスはきみといっしょに」パドル役で出演致します   

・NHK Eテレ 毎週月曜 午後6時45分〜6時54分 テレビアニメーション「どちゃもん じゅにあ」
 しろ役 にて出演中
 http://www.nhk.or.jp/anime/dochamon/

・CSディズニーチャンネル、無料BS・Dlifeでも大好評放映中!「ドックはおもちゃドクター」 
 スタッフィー役 にて出演中
 http://www.dlife.jp/lineup/disney/omocya_doctor/ 

・ラジオ「下和田ヒロキの Qの夜」第7回
 webラジオステーション・ラジ友にて配信中→ http://radiotomo.com/ 
 ニコニコ動画でも配信中→ http://ch.nicovideo.jp/noix

・禁断極上ボイス★vol.3 キスで目覚める恋心〜病院のベッドでお医者さんと……
 シナリオ:高林祐樹 イラストレーター:西條ユリカ ボイス:下和田ヒロキ Thanks:鈴木翔 
 https://www.youtube.com/watch?v=-CcJOWwMBiM

・禁断極上ボイス★vol.1 幼馴染からステップアップキス〜カレの部屋で幼馴染と……
 シナリオ:高林祐樹 イラストレーター:西條ユリカ ボイス:下和田ヒロキ Thanks:鈴木翔
   https://www.youtube.com/watch?v=8nVALoMXCyo

 
【下和田ヒロキ音楽情報】new!!
・ドラマCD「おしおきセールスマン 忌野狂助 第四話/バース・デイ」ニッチより12月25日発売!
 今年もサウンドトラック&主題歌を担当しております。→http://ike-men.net/imawanokyousuke4.html
 
・下和田ヒロキ最新CD 全曲集「振り子にふれた日」発売中! 
 art sonicに於ける下和田ヒロキ アーティストページ 試聴はこちら→ http://art-sonic.jp/shimowada/

【下和田ヒロキ媒体掲載情報】new!!
・「戦国BASARA 10th Anniversary 英雄大全・極」電撃攻略本編集部/アスキーメディアワークス刊行
 こちらの書籍へ、森蘭丸役として十周年記念コメントと掲載用色紙を提供致しました。
コメント
コメントする